2006/11/06

音楽はすばらしいものだ!!!! 【張替】

どうも、江田です。
11月になり、いつの間にか秋も深まってまいりましたね。

という訳で今回は、秋に聴くと気持ちのいい、おすすめ音楽を紹介したいと思います。

B000002gyl01_aa240_sclzzzzzzz_ まずは一枚目、【JACKSON BROWN】の【Saturate Before Using】です。
これは1972年に発売されたジャクソンブラウンのファーストアルバムです。
もう一曲目から雰囲気がいいのなんのって。楽器もとてもシンプルで、ドラム、ベース、ピアノ、ギターくらい。
ドラマーはラスカンケル、リズムがとても気持ちいいのです。音も最高。
キンモクセイでもミディアムテンポの曲のときは、ラスカンケルをイメージしてよくプレイします。


B000025xkm01_aa240_sclzzzzzzz_ 次は、【NICK DRAKE】の【PINK MOON】です。
これも1972年に発売されたニックドレイクのサードアルバムです。
彼は1974年に26才という若さでこの世を去ってしまったが、いまだに残る名アルバムです。
ギターと少ないピアノと歌だけ。わずか30分しかないアルバム。
しかし、とても有意義な30分だと思います。夜が深まった時に聴くとさらに、ジーンとくるアルバムだと思います。
僕もこのぐらいアコギが弾けたら、素晴らしい!!


B00005jga401_aa240_sclzzzzzzz_ 次は【bread】の【the best of bread】です。
このバンドも70年代を中心に活動していたブレッドのベスト盤。
どのアルバムもいいのだが、割とバラード系が有名なバンドなのでベスト盤は名曲バラードがいっぱい入ってるのでおすすめ。
どことなく、キンモクセイに似ている気がします。音といい、アレンジの感じといい、いろんなタイプの楽曲。
1年を通して、秋に聴くと一番しっくりきますね、最近よく聴いてます。


B00000255b01_aa240_sclzzzzzzz_v55083558_ 次は【ART GARFUNKEL】の【BREAKAWAY】です。
これは1975年に発売された、みんな知ってるサイモン&ガーファンクルの背の高い方、アートガンファンクルのセカンドアルバムです。
この人の歌は素晴らしい、僕は未だに世界一だと思っています。天使の歌声と言われるだけあって、透き通っています。
特にこのセカンドは、音楽もプライベートも絶好調な時に作られたアルバムなので、それがとても伝わってきます。
聴いてる方まで幸せになってきます。音は隠せませんね何事も。
なかでもおすすめな一曲は、ビーチボーイズのブルースジョンストンの曲、【DISNEY GIRLS 】は最高です。
邦題も幸福な時間というだけあって、幸せになれる一枚ですね。


841db340dca0517c16bc9010l_1 さて最後はマニアック、【McDONALD and GILES】の【マクドナルド&ジャイルズ】です。
これは、キングクリムゾンの最初のメンバー、イアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズによるアルバム。
発売は1970年。彼らのアルバムはこれ一枚のみだが、インパクトは大大大!!!
ほとんどが組曲で作られていて、とても幻想的。
秋の夜にこんな一枚もたまにはいいじゃないか。
そんな組曲の中、一曲だか普通の曲がある。2曲目に入っている、【アイビスの飛行】という曲。
すごく寂しい、けど美しい、こんな曲がそっと流れてきたら耳をつい傾けてしまう。
ちょっと変わった秋を過ごしたい方は、是非。


そんな訳で5枚紹介しましたが、うーん全て70年代になってしまった。
やはり好きなんだな。空気感というか雰囲気というか、ぐっときてしまう。
じじいなんだな、ようするに。
この時代は素晴らしい、まだまだ知らない音楽があるなーー

最近の音楽は僕には難しすぎる。自由がないきがする。
僕は、もっと自由で伸びやかで、感情たっぷりな演奏をこれからも残していきたい。
60年代や70年代の音楽のように。
やっぱり、じじいなんだな。私は。

以上、じじいがお進めする、秋コレクションでした!!!!!!!!

11月 6, 2006 張替智広 | | コメント (9) | トラックバック

2006/10/04

江田先生!!!!! 【張替】

DOMO,DOMO, HARIGAEDESU. OGENKIDESUKA?

おう、メンバーは自分対自分をやっていますね。
さて前回は京都に住みたいな、というところで終わりましたが。
京都はやはりいいですね、行けば行くほど好きになります。
つい先日、青森でライブやりましたが、いいですね青森も。
そうそう青森では、ドラマのワンシーンみたいな出来事がありました。
それは、9月23日。
僕らは夕方に青森に着き、夕飯を食べ、食後にコーヒーでもと思い、装苑という雑誌に載っていた【マロン】という喫茶店に行った。
たしか21時から22時過ぎまでいただろうか? とてもいい時間を過ごした。
で、東京に戻って友達と話しをしていたら、なんとその友達も、同じ日の昼過ぎにあのマロンにいたという。
しかも座った席まで一緒という、凄い話し。
東京にいたらあり得るかもしれないが、広い日本で同じ日に同じ店に、しかも青森という場所で。
会えていたらもっと、衝撃だったが、このすれ違いがまたいいのかもしれない。
恋愛ドラマに出てきそうね、トレンディな感じ。

Dsc08123たりらりらーーーーーー

ライブしたり

パーマかけたり

怒ったり

ジャケット破いたり

痩せたり

ベースアンプもらったり

マリオ買ったり

美女パーティにいったり

マリメッコのかばんが欲しかったり

衣替えしたり

最近はたりがいっぱい、たりたりたりーーーーー

ではまた。

10月 4, 2006 張替智広 | | コメント (7) | トラックバック

2006/08/27

江田。 【張替】

おばんどす!!
前回は夏特別企画でしたので、あれでしたが。
えー引っ越しをたくさんした話しで終わってましたね。
そうそう一人暮らしを始めたのが18才の時、最初は小田急線の読売ランド前。
今思い返せば一番、笑える時代でしたね。
部屋は6畳の和室ワンルームでした、風呂とトイレはあったのですがガスを開設していなかったので、、、、
とにかく古い家で当時で築30年くらいはたっていたと、2階に住んでいたのですが、古いんで
誰かが階段を上がってくると、もう揺れる揺れる、震度4はありましたね。
壁はといえば、だいぶシンプルな感じで、部屋から外が見えるという素敵な風通し。
冬に至っては外の方があったかいくらい。夏は巨大ムカデは出るは、下の住民は大音量でエロビデオみるし
、寝るとサラウンドで聞こえてきますから、たまったもんじゃありません。
当時は電話も無く、ポケベルも無く、連絡手段は、伝書鳩か電報、または直接いらっしゃるか。
たくさんのかたに迷惑をかけましたね。会えたらラッキーみたいな、いやーすごい時を過ごしました。

次は大森ですが、ここはわりとたいしたエピソードも無く、普通に苦しい時代を過ごしました。

で次は東急東横線の元住吉、ここは3年住みましたね。
部屋は4・5畳とロフト3畳という、ロフトという言葉に引き寄せられて住みました。
しかし大失敗、一階だったのでロフトも夏は暑いは、すぐ天井だしハイハイしかできないという。
おまけに湿気も多く、カビまみれという悲惨な状態。
でもなんとか3年我慢しましたねーーーこの家にはリョウ君がほぼ毎日オバラ君と来ていた気がします。
夜中の1時くらいに来て、朝5時くらいに帰るというスタイル。かなり楽しい日々でした。

そして次は同じく東横線の大倉山、ここも3年くらい住みましたね。
ここはとにかく前の家から引っ越したいという願いで、物件も見ずに決めてしまった家。
6畳の洋室ワンルーム、ユニットバス付きという今までで一番贅沢なハウス。
ちょうどキンモクセイに加入したあたりでしょうか??
この時期はいろんなバンドをやっていたので家は寝るだけという感じでした。
しかし街並は最高で、大曽根商店街のもつ煮と明太子おにぎりは格別でした。
少し歩いて綱島の駅まで歩けば、ブックサーカスという中古レコード屋があり安い掘り出し物がたくさん。
いまでもよくいきます!!!!
そして引っ越しの日に大家さんに、キンモクセイってバンドやってますって言ったら、娘がファンだよと。
早く言ってくれれば家賃下げたのにーーーと、おいおい、早く言っとけばよかった。

そして、キンモクセイがかなり忙しくなり、移動が大変になったため、家賃と交通費を足して同じくらいの
部屋を都内で探そうと、そしていまの世田谷区某所に引っ越すわけです。
この部屋はメゾネットタイプという1階に玄関があり、2階に部屋があるという、足腰の運動になる部屋でございます。
この部屋はもう4年経ちますかね、やっと部屋探しが成功したといえる部屋です。

沢山引っ越した為に、かなり不動産マニアになってしまいました。
さあ次はどこへ引っ越そう、谷中とか根津とか下町も候補に。

あっ京都に住みたい、一乗寺のあたりとか、出町柳のあたりとか、どうでしょうか????? 

8月 27, 2006 張替智広 | | コメント (6) | トラックバック

2006/08/17

SUMMER MUSIC 2006 【張替】

夏いですねーー、えっ?????
という訳で今回は、自分の夏コンピを作ろうではないかと、そういう考えをもっています。

さあコンピといってもいろんなコンピがありますが、
今日はとある1日に沿ったコンピをお届けしましょう。


2006年8月7日

暑い日差しと蝉の声で午前7時に目が覚める。
布団で少しのんびりしてから、ステレオの電源を入れる。
寝る前に明日聴くレコードを決めておいた物と、今朝の天気と気分を照らし合わせて気分が合っていたので、さあ早速聴こうではないか!!!
 本日の1曲目、Mojave3Any Day Will Be Fine
朝にはぴったり、外が暑いので部屋は涼しくね。

朝食をすませてから次にするのは掃除と洗濯だ。
晴れた夏の日の洗濯は気持ちいい。朝早ければ早いほど気持ちいい。
午前中に乾くからね、乾くまでの間に掃除をすませてしまえば、なお素晴らしい。
では掃除をしながら聴く曲を選ぼうではないか??
 本日の2曲目、DodgyGood Enough
軽快なリズムのブリットポップ。僕の青春時代だ。

掃除も洗濯もばっちり、時間は11時半を回ったところだ。
今日は休みだから街へ出て散歩でもするか?
家を出るときに聴く音楽は重要だ、その日1日の気分が決まってしまう。
 本日の3曲目、Eddi ReaderThe Waiting Kindだ。
夏にぴったりの声の持ち主、歩く速度が早くなるなる。

今日は中目黒へ行くとするか。中目にはいつも池尻大橋から目黒川を歩きながら
長い時間かけて中目黒まであるくあるく。
時計をみると午後1時45分だ、汗かきながら歩くにはソウルフルな気分で歩くのが一番だ。
 本日の4曲目、Bill WithersLovely Dayだ。

そういえばお腹すいたなーーと、近くのパン屋で枝豆パンとチョココロネを買って
川沿いのベンチで食べるとするか。
 本日の5曲目、DonovanHappiness Runsだ。
ボーカルとギターとコーラスのみ、のんびりしてていいね。

かなり歩いたなー、もう午後4時を回っている。
空をみると雲が増えてきたな、空を見たら聴きたくなった曲が。
 本日の6曲目、Beth OrtonConcrete Skyだ。

さてと、家に帰るかな。
 本日の7曲目、Gerry RaffertyHer Father Didn't Like Me Anywayだ。
帰りの電車で、ほっとする。

テレビを見ながら夕飯をたべる、少し休んだら、食後の運動で近所を散歩だ。
夜はゆっくり歩くのが良い。
 本日8曲目、Rufus WainwrightI Don't Know What Is It だ。

風呂に入って寝るか、まだ夜の11時だな、1曲聴いてから風呂いくか。
 本日9曲目、CamelBreathlessだ。
ちょっぴりせつない感じがいい、こんな夜にはぐっとくるね。

今日はのんびり過ごしたな、布団で思い出しながら、一曲聴いて寝るか。
 本日10曲目、Pink FloydWish You Were Hereだ。
夜中に聴くPink Floydは最高だ。いろんな風景が浮かぶ浮かぶ。
空へ飛んで行けそうな気分になる。

こんな毎日を過ごしてます、また明日聴く曲を選んで寝るとするか。
おやすみなさい。

8月 17, 2006 張替智広, 音楽 | | コメント (2) | トラックバック

2006/07/24

えだえだえだえだえだえだえだえだえだ江田、枝、EDDY!!!!! 【張替】

 どうも、EDDYハリガエです。えー前回から、連想文のような感じになったので今回も連想系で!!!!で、前回はゴージャス!!!という言葉で終わっているので、ゴージャスから。

 ゴージャスといえば、カーペンターズのボーカル。カレンは歌いながらドラムを叩きますが、なんとドラムセットがゴージャス。シルバースパークルなうえにタイコ類が計9個と、座ると顔が見えないという残念な感じですが。

 歌いながら叩くといえばEAGLESのドラム&ボーカル、ドン・ヘンリーもそうですね。僕はこの人のドラムの音が大好きなのです。何処らへんがというと、スネアドラムを叩くときに普通の人はリム【ふち】も一緒に叩いてカンカンいわすわけですが、この人はドスドスいってる訳です。そう、リムを一緒に叩かずに皮の部分だけを叩いてるわけなんです。だから独特な音がするんですね。で、僕もそうしているわけなのです。興味のあるかたは、キンモクセイとEAGLESを聴いてみて下さい。

 ドン・ヘンリーといえば、Don't Worry、ウォーリーをさがせ!新作ウォーリーをさがせ【きえた名画だいそうさく】、夜な夜な探しています。まだ最初のほうですが、探し始めると眠くなってしまうんです。でもこの絵、細かくて凄いです。関心してしまいます。関心してる場合じゃないですね、探さないと、ウォーリーを。

 関心といえば、つい先日フラバルスのレコーディングをしてきたんですが、イヤフォンに関心してしまいました。シュアーのE3cというインナーイヤータイプのイヤフォンなんですが、ドラムをレコーディングするには最高ですね。小さい音でモニターできるし、音も作りやすいし、音も漏れない。もう最高です。で、レコーディングの次の日に購入!!! 早速キンモクセイのレコーディングでも使いましたが、バッチリでした。僕はレコーディングのときも頭をバンバン振るので、落ちないというところも最高ですね。

 振るといえば7月22日にフルカワモモコさんのライブに参加してきました。彼女はまるでキャロルキングのような、見事な歌と楽曲、CDでは鈴木茂さんも参加しているという。僕以外のメンバーはジャズ系の人たちで、最初は緊張しましたが、演奏したら気持ち良いのなんのって、ジャズもロックも関係ない1日になってしあわせでした。

 緊張といえばキンチョウ、キンチョウといえば、日本の夏。

 日本の夏といえば今年の夏はいつになったら来るのか???気がつけば5月からあめあめあめの毎日。布団も干せず、洗濯物も部屋干しばかり、あーーーー天日干ししたーーーーい。

 天日干しといえば、うん?天日干し?星、欲しい、欲しいーーー

 欲しいといえば、これを書いてる3時間前に、前から欲しかったZUCCAのアンディーウォーホールのTシャツを買った。これからたくさん着るであろう、ヨレヨレな感じで着たいなと。

 ヨレヨレといえば、やれやれ、やれやれといえば、どれどれ、どれどれといえば、それそれ、それそれといえば、かれこれ、かれこれといえば、かれこれ実家を出てから何年経つであろう?

 高校を出てから最初に住んだのが小田急線よみうりランド前、次に住んだのが京浜東北線の大森、次に住んだのが東横線の元住吉、次に住んだのが同じく東横線の大倉山、そして今の住まい。たくさん引っ越したな、では次回はこの住んできたそれぞれの家にまつわる、話でも書いてみようと思いますが、よろしゅうございますか??
 
 では本日の笑点このへんでおひらきにしたいとおもいます。
 いやー映画って本当に素晴らしいもんですね!!!!!!

7月 24, 2006 張替智広 | | コメント (4) | トラックバック

2006/06/29

えだえだえだえだえだえだえだえだえだえだえだえだえだえだえだ  【張替】

Dsc07263おひさしぶりです。
おひさしぶりといえば、少し前に、昔のバンドのマネージャーにあいました。
とても苦しい時間を共に過ごした仲間なので、ただ嬉しい出来事でした。
嬉しい出来事といえば、最近カカオブームらしい。
僕は昔からビターチョコレイトが好きだったので、このブームありがたいですね。
ブームといえば、THE BOOM 、中学から高校の時期によくききました。
そしてカラオケでは必ず、THE BOOMの星のラブレターを歌います。
ラブレターといえば、あまり書いた事がありません。いざ書こうとすると、想いだけが先走り気がつくと朝になんて、、、、
朝といえば、ここ1年くらい早起きをしています。
だいたい7時には起きて、7時40分からNHKの英語であそぼうを食事しながら観ます。
特にこのケボとモッチのキャラクターが大好きです。とてものほほんとしてて最高です。
最高といえば、ここのところ人と最高の出会いをしている。
最近でいえばフラバルスというメンツだ。この出会いによって僕の人生に新しいパワーを与えてくれます。
どこのバンドもボーカリストは、少しいかれている。
いかれてるといえばキンモクセイもかなりいかれている、僕がこの文章を書いてる横でイトシュンと後藤が
田原俊彦のごめんよ涙のイントロをギターで弾きまくっている、かなり熱い演奏をしている。
熱い演奏といえばTHE WHOである。今年24年ぶりに新譜を出すらしい、噂によるとオペラアルバムらしい。
今は2人とも60才を越えて現役、あの暴れっぷりはかっこいい。
暴れっぷりといえば、暴れん坊将軍!!アバREINBOW将軍!!!!ABBA!!!!
ABBAといえばダンシングクイーン、
ダンシングクイーンといえば、ダンシングヒーロー。
ダンシングヒーローといえば、荻野目洋子。
荻野目洋子といえば、荻野目慶子。
荻野目姉妹といえば美人姉妹。
美人姉妹といえば叶姉妹。
叶姉妹といえばゴージャス!!!
ゴージャス!!!!   うーーーーー????

ゴージャス最高!!!!

てことで、次回はゴージャスにまつわる話から、、、、、
では、いやー映画って本当に素晴らしいもんですね!!!!!

6月 29, 2006 張替智広 | | コメント (4) | トラックバック

2005/12/21

ロンドン日記3 完結編 【張替】

◆12月17日

今日でロンドンともお別れだ、ホテルを出るまで少し時間があるから散歩をしました。
なんかすっかり近所を散歩してる感じで、リラックスモード全快でした。

あとはヒースロー空港でコーヒー飲んでから日本へ。

東京に着いたら時差ボケで、眠くてしょうがない。

ロンドン本当に楽しかった、パワーも沢山貰った、得るものが凄くあった。
本当はドラムもロンドンで叩こうと思ったが、そんなことより文化だったり街並みだったり、人だったり、音楽よりもっと大切なものを感じたので、良かった。
この感じが音楽に反映することは確実だと思う、ドラマー生命がまた伸びた、もっと音楽が好きになった。

次に行く時はもっと英語を勉強して、もっとコミュニケーションとりたいです。
それにしてもイギリスの大人は紳士でした、レディーファーストだし。
女の子もキュートでした、ドアを開けてあげたり、道を譲ってあげたらちゃんとThanksと返してくれるから素晴らしい!
僕ももっと紳士でありたい、そう思いました。
上っ面だけでなく、内面的に。

そういえばロンドン滞在中、毎日快晴でした。
ただ一回だけ降ったのは、キースムーンのお墓にいった時だけでした。
やはりキースのうれし涙だったのか?


ロンドン最高でした、しばらくずっとテンション高いでしょう。
ではこの辺で日記は終了です。

ではまたどこかで。

ハリガエトモヒロ
051215_20400002051215_20460001051216_08040001
051216_20530001051216_23010001051217_01200001
051214_03180002051217_01290001

12月 21, 2005 張替智広 | | コメント (1) | トラックバック

ロンドン日記2 【張替】

◆12月15日の日記

今日もロンドンは快晴、こんな青空ばかりも珍しいという。
さて今日はいわいる観光地とやらを見て回ろうと考えております。
まずはバッキンガム宮殿を、あそこにエリザベス女王がいると思うとテンションあがるあがる。
次はウエストミンスター寺院〜ビッグベンへ、ビッグベンをバックに写真を撮ってもらおうと、人を探すのである。そこへ一人のおじいちゃんが、早速、写真撮ってもらえませんか?と訪ねると
「こんなおじいちゃんだけどいい?ちゃんと写真がとれるかなー」と心配していて可愛かった。
そういわれるとレンズがかなり上の方を向いていた気がするなー、僕は写っているのであろうか?
まあでも写ってなくても構わない、自分でカメラを持って撮るより、人に撮ってもらった方が思い出になる。今回もおじいちゃんに撮ってもらったし、恥ずかしがってる姿も見れたし、
写真を見て話すときに一つ話題が増えて、後で楽しいね!

そして次はロンドン水族館へ、魚達も可愛かったが、それを見てる子供達が可愛いのなんのって。
出口へ行くと土産物屋さんが、なぜかユニオンジャックのブリーフが沢山並んでおり、是非メンバーに買って行こうと思ったが、ライブ後着替えてるときに見えたら、へこみそうなのでやめました、別の場所で探そう。

次は地下鉄で移動して、ロンドンの中心部ピカデリーサーカスへ。
さすがに人が多いし、日本人も多い、三越もあった。
人が多いので裏通りへ避難すると、ショップがたくさん。
そういえばロンドンに来てから買い物をしてなかったので、洋服屋を探していると、やはりあった
モッズショップの老舗だ。店内に入ると、早速WHOの特大ポスターが。
いろいろ悩んだがスコットランド製のキャスケットを購入、日本には無さそうだなこれは。
日本は何でもあるから、なかなかロンドンオンリーなものを探すのが難しい。
ちなみにキャスケットを試着しているときに店員がしきりに、「ジョンレノンハットだよ、それは」
としきりに言っていた。

そのまま歩いてつぎは、ロイヤルアルバートホールへ。051215_16300001
ここは2000年にWHOがライブを行っている場所でもあり、歴史ある建物だ。
キンモクセイのPAの川瀬さんもここでPAをしたことがあると言っており、最高でしたと言ってました。

そして夕食を食べホテルへ戻り一休み。
食後の運動として散歩でもしようと外へ出ると、人の行列が。
なんだと思ってみると近くに競技場があり、今日はサッカーの試合だったらしい。
本場の国は違うな、騒ぎ方が違う。みんなぞくぞくとパブへ流れていきました。
僕は流れを見てからスーパーへ買い物に。水とかヨーグルトとか買って部屋へ。
すっかり住んでる気分に、楽しい楽しい。
しかし一つだけ悲しい事が、買ったヨーグルトとがまずいことなんのって。
すっぱすぎて、何度もこらえながら食べました。
せっかく大きい水を買ったのに、半分に、悲しい、、、、
ではまた明日。

◆12月16日の日記

英国式朝食や地下鉄の乗り方や横断歩道の渡り方、街の人とのやりとり、慣れてきたが今日でゆっくりロンドンを堪能できるのは最後だ。

今日は行き残した所へ行きました、まずはロンドンブリッジへ。
景色が素晴らしい、後は歌いながら渡りましたね、ロンドン橋おちたおちた♪〜って
ちょっとあぶない人に見えたかな?

次はテイトモダンへここはずっと行きたかった美術館である。
ブラックフライヤーズという駅から歩いて行くのですが、モダンな感じで歩き方もキュッてなりますね。
道路には休憩スペースもありそこでカメラのフィルムを替えたり、建物見たり、さらに上がる上がる。051216_11550001
そしてテイトモダンの中へ、今は改装中ということもありあまり見れなかったが、このギャラリーショップが最高に楽しい、まず日本に無いし、若手アーティストのグッズがあったりと、カバンにカレンダーにスケッチブックを買っちゃいました。

かなりテンションあがったまま向かった先は、エンンジェルと言う街です。
地下鉄の関係でバービカンという駅から歩いて向かいました。
この街はなんか好きでした、住むならこの辺りがよいですね。
そんなことを思いながら歩いてると、良さげなカフェを発見、可愛いビンのドレッシングがあったので、買ってしまった。
ドレッシングを持ちながら歩いていると、マニアックなレコード屋を発見!
早速入ると大量のレコードの山、手当り次第に見て行くと欲しいものばかり。
あとはじっくり日本に無い物とイギリス盤を見ながらここでは3枚を入手!
1枚はプリファブスプラウトのファーストを、2枚目はバズコックスのシングル集を、3枚目はBBCのスピーカー試験用のレコードを、これはただおじさんが説明してるだけですが、DJとかで上手く使えそうかなと。

そして駅に帰る道で、ダンボールに安売りレコードが。これは絶対に掘り出し物があると勝手に確信して、ダンボールをあさるあさる。
やはりありましたよ、全部1ポンドという安さ。日本で買ったら4千円位するものばかり。
ここでは4枚を、まず1枚はベンワットのファースト、2枚目はニックヘイワードのファースト、3枚目もニックヘイワードのシングル、4枚目はマドンナのシングルのUK盤を。
いい買い物でした、もうテンション最高潮で帰りの地下鉄を思いっきり逆方向に乗ってしまいました。
051216_17380001
そしてホテルに戻ろうとして空を見上げると、なんと満月が!
ロンドンで満月なんてロマンチックだなー、最後に最高のプレゼントでした。

さぁ明日は帰国だ、帰りの支度をしなきゃ、ではまた明日

12月 21, 2005 張替智広 | | コメント (1) | トラックバック

2005/12/20

ロンドン日記1 【張替】

◆12月13日の日記です

さあロンドンです、約12時間の旅、長かったなー。
約8時間の時差の関係でロンドンには13日の16時頃着きました。入国審査を終え外に出ると、すっかり日も暮れてよい感じ。
そのままいったんホテルへ、渋滞大国と言われてるだけあってかなり混雑。
しかし目に入ってくる景色はロンドンそのもの、レンガの建物やらお城やらと。ホテルはイギリスのワンルームアパートの様な部屋、なんか落ち着く落ち着く。
そして19時を過ぎたので夕飯を探しに辺りを散策。
今回僕が泊まった場所は、アールズコートというロンドン中心から約15分位の場所。051214_03470001

予想以上に街は賑わっており、店もたくさんある、早速スーパーを見つけ物色。
初日はサンドウィッチとサラダとデトックスというさわやかなメニュー。
お味は大雑把な感じだが嫌いではない味でした。
なんだかんだ部屋でのんびりして明日に備えよう、ということで
22時過ぎには就寝、ではまた明日。
写真はホテルの近くを散歩中。

◆12月14日の日記

いやー昨日22時には寝てしまったので、今朝は5時過ぎにはおめめぱっちりでした。
部屋でラジオ聞いたりテレビ観たりして明るくなるのを待とうと、
しかし7時を回っても真っ暗、結局明るくなったのは8時半くらいだった。
そして朝食を食べ出発の準備を。
今日は僕の大好きなTHE WHOのドラマー キースムーンの墓参りへ。051214_11120001
051214_11250002

キースが眠る場所はロンドン中心から40分位離れた、ゴールダーズグリーンという所だ。
そこまでは地下鉄を使って行くのだが、ロンドンには時刻表がない、電車が来たら乗るというもの。
しかも、駅のアナウンスもほとんどなく、いろんな行き先の電車が同じホームにぞくぞくと来る、集中力のいる地下鉄だ。
そしてたどり着いたゴールダーズグリーン、そこは静かな街で、とてもにぎやかなキースが眠ってるとは思えないなー。
お墓までは歩いて15分位、普通に歩いていたがまだ自分がロンドンにいることが信じられない、不思議な位フィットしてしまった。
そして前方に沢山の棺が、こっちは土葬なのでちょっと異様な光景だ。
キースの墓石は無く敷地内の広場に骨がまかれているので、そこに菊の花を捧げてきました。
なんだか凄いパワーをもらった、そこまで晴れていたのだが、花を捧げた瞬間だけ雨が降ってきた。
ロンドン特有の天気なのか、キースの嬉し泣きなのか?僕は後者だと願いたいが。

時間は12時を回り、次は若者の街カムデンタウンへ。
そこは日本で言うと原宿の様な場所で、若いカップルが沢山いた。
スターバックスコーヒーもあったが、でも白いレンガの建物で最初はきずかなかった。

軽くランチをしてからカムデンからリージェンツパークまで歩き、そのまま一周。
一周といってもかなり広く、だいたい2時間近くかかった。
のんびりとした公園で、僕の口から吐く白い息がまるで映画のワンシーンのようだった。

そしてそのままアビーロドへ、街は静かだったが交通量がかなり多かった。
例の横断歩道はあったがセンターラインが書き直されていたので写真はとらなかった。
ちなみにセンターラインはジグザグになっており、その道路は歩行者がいたら車は停まらなくてはいけないルールらしい。
で、アビーロードスタジオとポールの家を見に行きました。
しかしポールの家は引っ越していたのか分からないが、ポストが無かった。
どうしようと思い、アビーロードスタジオへ戻り、その事務所のポストへ今回のアルバムを勝手に入れてきてしまいました、ちゃっかりポール宛の手紙も添えて。
なんとかなるとよいがーーー051214_14260001

そしてすっかり夜になり、夕飯を。
今日はロンドンに留学している知り合いのクレ君とベイズウォーターへ、なぜかマレーシア料理を食べに。
彼は一年位ロンドンに住んでて、凄く頼もしく、すごい人間的に大きくみえた。
僕ももっと頑張らなくてはとおもった瞬間だった、またかなりのパワーをもらった。

そしてホテルへ戻りシャワーを浴びたら、即ベッドへ。
たくさん歩いたな、万歩計でも持って行けばよかった、そんな事を思いながら明日へ、、、、

12月 20, 2005 張替智広 | | コメント (3) | トラックバック

2005/09/23

お気に入り【張替】

どうもこんちわっわっわっ!ハリガエでございます。
第2回の文章はお気に入りと言うことで、まずは最近の優れものから紹介します。

掃除機のダイソン君です。050923_12120001
これはつい最近購入したんですが、もう素晴らしいの一言です!
我が家は全面カーペット敷き、にもかかわらず私はハウスダストアレルギー持ちという困った体質なんです。
かけるたんびに今までの掃除機では見たことのない塵が出てきます、この上で寝ていると思うと恐ろしくなりますねー。
鼻血も出なくなるくらい高かったんですが買って正解でした!
しばらくは10円単位でスーパーをハシゴするような極貧生活で倹しくし暮らします。

次は昔からのお気に入り、bokuのPコートです。
今はなきbokuというブランド。050923_12170001
女子のかたなら知っている人もいるかもしれませんが、bulle de savonの系列で唯一のメンズ展開をしているブランドでした。買ったのはかれこれ6、7年前でしょうか?
結構着込んでいるのでボタンもとれかけていたりするんですが、これだけは手放したくないですねー。
なんせ形がいい!でかすぎずカジュアルになりすぎず、上品でシックなデザイン。
なかなかこういうPコートとはお目にかかれません。
なくなってしまったのがとても残念!(ambidexさん、bokuに一票)
今年もガンガン着たいと思っております。

では最後に、今日のお気に入りソング
pet shop boysで『Home and Dry』
それでは、さようなら〜!!!

9月 23, 2005 張替智広 | | コメント (6) | トラックバック

2005/08/08

SUMMER MUSIC 2005【張替】

  どうもドラムのハリガエです。
僕は夏が嫌いです、いや、でしたかな?僕が小さい頃はクーラーもいらず、程よい暑さでした。しかし近年は室外機やらパソコンやら、いろいろ都心は気温が上がるばかり。文句ばかりですが、最近は少しは慣れてきたせいもあってかスカッと晴れた日は気持ちよいです!
  さて本題に入りますが、わたしのサマーミュージックとは~
今の気分でいきますと、まずはやはりTHE WHOの「SUMMERTIME BLUES」ですね!この曲はあまりに暑くイライラしてる時に大音量で聞くと、最高にスカッとしますね~!さて次はアメリカの坊ちゃまNED DOHENYの「IF YOU SHOULD FALL」ですね~。これは『HARD CANDY』というアルバムに入ってます。これは昼間に聞くと良いですね~。さてこう来ると次はやはり夜に聞きたい一枚ですよね~。PHOEBE SNOWの「DONT LET ME DOWN」です。これは言わずとしれたビートルズのカヴァーですが、力強いジョン・レノンの歌とは対照的にフィービー・スノウはやさしく語りかけるような感じです。この感じが夜にぴったりなのです!
夏は特に音楽によって気分が変わるので、朝レコードを選ぶのが重要になりますね~。たまに寝ぼけてヘビメタのレコードを取ってしまうこともしばしば。さて今回は1日の時間経過を音楽と共に書いてみました。
  さぁまだまだ夏本番、日射病や熱中症に気をつけてください。水分はよく補給してください!

ハリガエトモヒロ

8月 8, 2005 張替智広 | | コメント (8) | トラックバック