2006/11/24

ビートルズは先が読めない 【伊藤】

B000jbxlom01_aa192_sclzzzzzzz_v38670283_ 昨日CDを買いました。ビートルズのLOVE。別に新曲も入ってないし、どうしようか迷ってたんだけど買ってよかった。ビートルズってやっぱすごいな。

 どんなアルバムなのかと言うと、ジョージマーティンと息子のジャイルズがビートルズのオリジナルテープからボーカルやバックトラックやエフェクトなどを1トラックずつ丁寧に取り出して、その素材をもとにまた新しい物をつくってしまおうというアルバム。なので「アンソロジー」でも未発表だった音源やデモはある程度は聴いていたので、驚きは正直そんなに無いだろうと思っていたのだが、感動してしまった。
 どっちかというとそう言うマニアックな方向の喜びというより、単純に素晴らしい楽曲として楽しめた。もうすでにすり切れる程に聞き込んだ楽曲なのに、また更なる感動を与えるとは。ビートルズの楽曲は先が読めない。特に素晴らしかったのは、ストロベリーフィールズフォエバーと、ホワイルマイギタージェントリーウィープス。後者はアンソロジーにも収録されてたジョージの弾き語りのデモにストリングスが新たにダビングされてるんだけど、これがデモか!?と思った。ビートルズはデモの段階からすでに魂のこもった素晴らしい歌を唄っているんだと気づかされた。
 それに「あっ、このエフェクトはあの曲のあれだ!」という楽しみもたくさんあるし、そう言う単体のフレーズも単体で聴くと符わりの違うまた新しいフレーズに聞こえたりして、これは新曲を聴いてる気分だった。いやーほんと買って良かった。

11月 24, 2006 伊藤俊吾 | | コメント (12) | トラックバック

2006/09/10

自分対自分 【伊藤】

こんにちは伊藤です。今日は自分にいろいろ聞いてみたいと思います。

イトシュン記者(以下イト記):いつもお世話になってます。
イトシュン(以下シュン):こちらこそ。
イト記:今日は最近の伊藤さんについていろいろ伺いたいんですが。
シュン:どうぞ。
イト記:まぁ音楽の事については後で触れるとして、このごろのBMWはどうですか?
シュン:ようやく来年ですよね。新型M3。
イト記:そうですよね。3シリーズセダン、ツーリングはもうラインナップされてますが、クーペももうすぐですよね。
シュン:見ました?クーペ。
イト記:見ましたよ。
シュン:なんか車のモデルチェンジって最初ってグッとこないですよね。こんなもんなの?って感じで。
イト記:あとで効いてくるみたいな?
シュン:そうそう!そしてまたその次のMCの頃にようやく、はやりすたり関係なくそのモデルの本来の良さがわかってくる感じで。
イト記:じゃあ、今のところはまだ現行のE46M3は?
シュン:やっぱり古くなりましたよね。出た当初はあんなにマッチョに見えたのに。今改めて見るとバンパーなんか寂しいよ。もうちょっと「ドスーン」としたのついててもいいのに。でも走りはいまだに一級レベルじゃないですか?車重がちょっと重いけど。
イト記:そのへん楽しみですよね。
シュン:でも次V8でしょ。絶対重いよ。
イト記:でもE90の直6モデルはマグネシウム使ってますよ。
シュン:僕ね、思うんだけどマグネシウムも良いんだけど、排気量押さえた方が良いと思うんだよね。その分もっとびっくりするぐらい高回転化してレブ11000回転みたいな。
イト記:それ無理でしょう。
シュン:無理じゃないよ!だってF1、19000とか余裕で行くんだよ。しかも高回転技術うたってるM社でしょう。絶対出来るよ。これ絶対みんな買うよ。
イト記:確かに。環境にも良さそうですね
シュン:あとシートも選べるようにした方が良いよ。無理矢理全部にパワーシートつけなくても。一脚だけでもすごい重そうだし。
イト記:伊藤さん!音楽もそのくらい熱く語って下さいよ(笑)
シュン:音楽ね(笑)
イト記:どうですか音楽の方は。
シュン:ぼちぼちですね。そういえば「つま恋」もうすぐですね。
イト記:見に行くんですか?
シュン:行かない。NHKBSでやるみたいだし。だけど朝までやんないのかな?ホームページ見たら21時までって書いてあったけど。でも(予定)ってなってたよ(笑)
イト記:じゃあ実際はわかんないですよね。盛り上がっちゃったらやるかもしんない。
シュン:でもすごい事ですよね。30年も経て朝までやんのかな?なんて思わせるの。
イト記:それだけ当時のパワーがすごかったんでしょうね。
シュン:テレビ見て朝までやりそうだったら、途中参加しようかな?
イト記:最初から行きなよ!
シュン:曲書かなきゃいけないから(笑)
イト記:そこがあなたの悪いとこですよ。実際足を運んで、その刺激で曲を書けば良いじゃないですか。
シュン:今は思わぬ刺激よりもゆっくりとした刺激が欲しい。
イト記:そんな事言ってると置いてかれますよ!
シュン:あとで必ず追いつく!!
イト記:まぁ今日のインタビューも新しい刺激になったんじゃないですかね。
シュン:うん結構楽しかった。
イト記:音楽の事なんかまだほんの少ししか話してないですけど、この形式なら結構深いとこまで行けそうですね。
シュン:じゃあ次回はもっとまじめに話します。
イト記:またやって良いですか?
シュン:どうですかね。良くん!やって良いですか?
「完」

9月 10, 2006 伊藤俊吾 | | コメント (13) | トラックバック

2006/08/15

SUMMER MUSIC 2006 【伊藤】

『日本の夏 ’70s』

01.蒼い夏/よしだたくろう
02.伽草子/よしだたくろう
03.寝図美よこれが太平洋だ/遠藤賢司
04.時にまかせて/金延幸子
05.雨の糸/ザ・フォーク・クルセダーズ
06.街行き村行き/西岡恭蔵
07.あつさのせい/大瀧詠一
08.仁義なき戦い/かまやつひろし
09.我が良き友よ/かまやつひろし
10.二人の夏/愛奴
11.シンガプーラ/加藤和彦
12.眠りにさそわれ/井上陽水

今回、自分が本当に聴きたい夏の曲を結構真剣に考えたら、フォークになってしまった。
このブログがスタートした頃に「SUMMER MUSIC」がテーマだったけど、その時もほぼ同じこと想像してたと思う。「夏」と聞いてアッパーな感じよりも、「風情」みたいなのをうかべる感じ。ただ、この選曲はすべてがフォークではないし、統一感はないけど、僕が見たい夏の景色が、しっかり感じられる選曲になってます。今年の夏は「つま恋」も復活だし、ならではのあの頃を味わえるかも。

8月 15, 2006 伊藤俊吾, 音楽 | | コメント (6) | トラックバック

2006/07/01

気ままに、音について。(ほんと気ままに。) 【伊藤】

Dsc06388 音って普段何気なく聞いてるけど、よく考えると面白いね。
 最近自宅の防音室の事で、音についていろいろ考える機会があった。
 音ってただの空気の振動なんだけど、その振動の早さによって音の高低がうまれて、その震え方で温かい感じとか、冷たい感じとか、尖った感じとか、丸い感じとか。またその音が壁に反射して、実音よりも遅れて聞こえる事によって音が響いたり、ふくよかになったり、素っ気ない感じになったり、様々な要素が音に関わってくる。そしてその要素によって音に表情が出てくる。
 ライブで僕らは演奏するけど、聞いてくれるみんなに対して、僕らは音の振動をぶつけてる訳だ。みんなの鼓膜を振動させる事によって、僕らが発生させた様々な要素をみんなに感じてもらってるわけだ。そして僕らは家に帰ってまた新しく今までとは違った震え方の振動を考える。どんな振動が気持ちよいのか、しかもバンドという複数の人間で。
 波形単位で考えると、なんて妙な作業を僕らはしてるんだろうと思ってしまう。犬にはリズムという概念がないらしく、音楽を理解できないらしい。なので犬にしたらなおさらのことだろう。ビートルズのサージェント〜のアルバムには犬に対するメッセージ、というか信号音が録音されていると知っていたので実際に聞かしてみたが、うちの犬はなんの反応も示さなかった。
 空気の振動の波形を一種の「暗号」と考えると、人間はその変換機で、その変換機も人の数だけあるわけだから、それだけ違う感じ方がうまれてくる。答えも違うのだ。波形単位で考えるとそれも当然の事だと思う事も出来る。
 この間レコーディングで後藤のギターにノイズが乗ってたので、エンジニアの三浦さんが同じノイズを録音して逆相をかけて消そうとしていた。とても面白かった。こんな手品みたいな事が理屈で成り立ち、現実に起こせる事がとてもわくわくした。「いつかは俺も逆相の成分を歌う事の出来るボーカリストになるぞ!」と思った。
 と、いろいろ書いてきたが、白井の突っ込み無しには成立しない、気持ちの悪い文章を書いている事を僕は分っている。

7月 1, 2006 伊藤俊吾, 音楽 | | コメント (9) | トラックバック

2005/08/26

SUMMER MUSIC 2005【伊藤】

  レコーディングで地下にこもっていて更新が遅くなりました。ごめんなさい。

  夏ももうすぐ終わりそうだけど、まだまだニューシングル「Summer Music」聞いてね!

  僕は「サマーミュージック」と聞くとなぜか「フォーク」を思い浮かべてしまう。暑い夏。畳の部屋に扇風機。蚊取り線香の香りに、レコードプレーヤー。 流れてくるのは「よしだたくろう」みたいな。そんな感じが古い物好きな日本人の僕にとって憧れです。しかし憧れと現実は違いまして、そんな部屋に住めと言われたらきっと僕は無理でしょう。実際今年の夏はエアコンかけっぱなし。どこのビルに入ってもエアコン効きすぎて寒いし。本当の夏は感じれてないんじゃないかな。超現代人の僕はそんな贅沢な憧れを抱いてしまうのです。

 なので僕にとって「サマーミュージック」とはそんな憧れの夏を、イメージの中で体験させてくれる音楽だと考えています。それは決して歌詞の意味がどうのこうの、だけでなく、そのサウンドによってだったり。なのでアコースティックギターにブルースハープなんかが聴こえたりすると、僕は無条件に「4畳半」を浮かべて、そこからなぜか「石垣の階段」なんかを浮かべたりして、古き良き「日本の夏」の景色が完成するのです。あーいいな、日本の夏。なんか遠くに行きたくなってきた。
 なので、今日の僕にとってのサマーなミュージックは、吉田拓郎の「夏休み」とさせていただきます。

伊藤俊吾

8月 26, 2005 伊藤俊吾 | | コメント (11) | トラックバック