2006/08/18

SUMMER MUSIC 2006 【白井】

『夏のデートを何とかする為の曲達』

〜はじめに〜
夏は盛んにデートが行われるらしい…。
そこで夏のデートを演出してみようと思った。
iPodにたまたま入っていた中から、演出してみようと思った。


1.ENJOY YOURSELF / THE SPECIALS
解説:デートのスタートくらいに。天気が悪い場合はNG。無理に盛り上げると悲しくなる為。

2.Summer Love Sensation / BAYCITY ROLLERS
解説:"1"とほぼ同じ。とりあえず明るい彼氏を演じるのだ!

3.MR.SOUL / Baffalo Springfield
解説:彼女には何とも思われない曲。この曲が流れたら会話で何とかして下さい。

4.I KNOW THERE'S AN ANSWER / THE BEACHBOYS
解説:ここは無難に。やはり会話で何とかして下さい。

5.SUNSHINE SUPERMAN / DONOVAN
解説:この曲が流れたらお洒落な話題を。カフェへGO!

6.PERI'S SCOPE / BILL EVANS TRIO
解説:カフェから戻って、まずはリラックス。

7.EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE / NEILYOUNG with CRAZY HORSE
解説:さあ、海へ着きました。今回もきっと、「海、予想よりデカッ!」と思うのですね?

8.DANCE THE NIGHT AWAY / CREAM
解説:彼女には何とも思われません。海が二人を何とかしてくれるのです。

9.HEY MR.DREAMER / STEVE EATON
解説:夕暮れです。ブルーになる前に素早く帰ろう。

10.LONG DISTANCE RUN AROUND / Yes
解説:失敗です。関係ありません。むしろNo。

11.LOVABLE / SAM COOKE
解説:ムードがあり過ぎて誤解を受けるでしょう。かなりダサイと思われます。が、多くの誤解が二人を成長させるのです。


もしもの時に…。
・Fire Ball / DEEP Purple
 高速道路の爽快感に。

・BABY ELEPHANT WALK / HENRY MANCINI
 渋滞のイライラ防止に。


〜結論〜
僕はこんなデートは嫌です。あり得ません。
皆さん、末永くお幸せに!


ありがとうございました。
 

8月 18, 2006 白井雄介, 音楽 | | コメント (6) | トラックバック

2006/08/17

SUMMER MUSIC 2006 【張替】

夏いですねーー、えっ?????
という訳で今回は、自分の夏コンピを作ろうではないかと、そういう考えをもっています。

さあコンピといってもいろんなコンピがありますが、
今日はとある1日に沿ったコンピをお届けしましょう。


2006年8月7日

暑い日差しと蝉の声で午前7時に目が覚める。
布団で少しのんびりしてから、ステレオの電源を入れる。
寝る前に明日聴くレコードを決めておいた物と、今朝の天気と気分を照らし合わせて気分が合っていたので、さあ早速聴こうではないか!!!
 本日の1曲目、Mojave3Any Day Will Be Fine
朝にはぴったり、外が暑いので部屋は涼しくね。

朝食をすませてから次にするのは掃除と洗濯だ。
晴れた夏の日の洗濯は気持ちいい。朝早ければ早いほど気持ちいい。
午前中に乾くからね、乾くまでの間に掃除をすませてしまえば、なお素晴らしい。
では掃除をしながら聴く曲を選ぼうではないか??
 本日の2曲目、DodgyGood Enough
軽快なリズムのブリットポップ。僕の青春時代だ。

掃除も洗濯もばっちり、時間は11時半を回ったところだ。
今日は休みだから街へ出て散歩でもするか?
家を出るときに聴く音楽は重要だ、その日1日の気分が決まってしまう。
 本日の3曲目、Eddi ReaderThe Waiting Kindだ。
夏にぴったりの声の持ち主、歩く速度が早くなるなる。

今日は中目黒へ行くとするか。中目にはいつも池尻大橋から目黒川を歩きながら
長い時間かけて中目黒まであるくあるく。
時計をみると午後1時45分だ、汗かきながら歩くにはソウルフルな気分で歩くのが一番だ。
 本日の4曲目、Bill WithersLovely Dayだ。

そういえばお腹すいたなーーと、近くのパン屋で枝豆パンとチョココロネを買って
川沿いのベンチで食べるとするか。
 本日の5曲目、DonovanHappiness Runsだ。
ボーカルとギターとコーラスのみ、のんびりしてていいね。

かなり歩いたなー、もう午後4時を回っている。
空をみると雲が増えてきたな、空を見たら聴きたくなった曲が。
 本日の6曲目、Beth OrtonConcrete Skyだ。

さてと、家に帰るかな。
 本日の7曲目、Gerry RaffertyHer Father Didn't Like Me Anywayだ。
帰りの電車で、ほっとする。

テレビを見ながら夕飯をたべる、少し休んだら、食後の運動で近所を散歩だ。
夜はゆっくり歩くのが良い。
 本日8曲目、Rufus WainwrightI Don't Know What Is It だ。

風呂に入って寝るか、まだ夜の11時だな、1曲聴いてから風呂いくか。
 本日9曲目、CamelBreathlessだ。
ちょっぴりせつない感じがいい、こんな夜にはぐっとくるね。

今日はのんびり過ごしたな、布団で思い出しながら、一曲聴いて寝るか。
 本日10曲目、Pink FloydWish You Were Hereだ。
夜中に聴くPink Floydは最高だ。いろんな風景が浮かぶ浮かぶ。
空へ飛んで行けそうな気分になる。

こんな毎日を過ごしてます、また明日聴く曲を選んで寝るとするか。
おやすみなさい。

8月 17, 2006 張替智広, 音楽 | | コメント (2) | トラックバック

2006/08/16

SUMMER MUSIC 2006 【後藤】

『歌いたい!踊りたい! 真夏の俺's ベストヒット』

01.希望の轍/サザンオールスターズ
02.TAKE FIVE/George Benson(BAD BENSON)
03.夜をぶっとばせ/オリジナルラブ
04.NUTTVILLE/Buddy Rich(The Roar Of '74)
05.君は1000%/カルロストシキ&オメガトライブ
06.St.Thomas/Paul Humphrey(Super Mellow)
07.カナリア諸島にて/大滝詠一
08.LET IT FLOW/Grover Washington Jr.(WINELIGHT)
09.真夏の果実/サザンオールスターズ
10.トリステーザ/セルジオメンデス&ブラジル '66

一曲ごとに歌って踊れる選曲になってます!
そして最後は真夏の果実を歌って気持ちよくなり、セルジオメンデスで踊りまくってしめるという案配!
ドライブにもいいかもね!

8月 16, 2006 後藤秀人, 音楽 | | コメント (4) | トラックバック

2006/08/15

SUMMER MUSIC 2006 【伊藤】

『日本の夏 ’70s』

01.蒼い夏/よしだたくろう
02.伽草子/よしだたくろう
03.寝図美よこれが太平洋だ/遠藤賢司
04.時にまかせて/金延幸子
05.雨の糸/ザ・フォーク・クルセダーズ
06.街行き村行き/西岡恭蔵
07.あつさのせい/大瀧詠一
08.仁義なき戦い/かまやつひろし
09.我が良き友よ/かまやつひろし
10.二人の夏/愛奴
11.シンガプーラ/加藤和彦
12.眠りにさそわれ/井上陽水

今回、自分が本当に聴きたい夏の曲を結構真剣に考えたら、フォークになってしまった。
このブログがスタートした頃に「SUMMER MUSIC」がテーマだったけど、その時もほぼ同じこと想像してたと思う。「夏」と聞いてアッパーな感じよりも、「風情」みたいなのをうかべる感じ。ただ、この選曲はすべてがフォークではないし、統一感はないけど、僕が見たい夏の景色が、しっかり感じられる選曲になってます。今年の夏は「つま恋」も復活だし、ならではのあの頃を味わえるかも。

8月 15, 2006 伊藤俊吾, 音楽 | | コメント (6) | トラックバック

2006/08/14

SUMMER MUSIC 2006 【佐々木】

 去年の夏にこのテーマで始まったこのブログ。今年もやってみたいと思います。
 去年は『SUMMER MUSICと言えば…』という感じでしたが、今年は昔カセットテープにお気に入りの曲をダビングして作った『MY BEST』的な感じで、メンバーにこの夏聴きたいプレイリストを作ってもらいました。出来ればダサ目のタイトルを付けてほしいと言う希望を出しておいたので楽しみです。

 というわけでまずは俺から。

『90s BEST Vol.1 〜あの夏に帰りたい!〜』

01.愛する人よ/奥田民生
02.サマーヌード/真心ブラザーズ
03.ループスライダー/真心ブラザーズ
04.サンシャインロマンス/ORIGINAL LOVE
05.ベステンダンク/高野寛
06.夏の決心/大江千里
07.アジアの純真/PUFFY
08.HEAVY METAL THUNDER/CORNELIUS
09.Thank you/FISHMANS
10.Buddy/小沢健二
11.Get Up And Chance/スチャダラパー
12.Wild Wild Summer/FLIPPER'S GUITAR
13.マイアミビーチ/THE COLLECTORS
14.ロマンス/原田知世
15.MAYBE TRUE/SPIRAL LIFE

 いきなりネガティブなタイトル付いてますけど、深い意味はありません。今年の夏だって最高です。ただ、一番季節感を感じていたのはこの時期かなと思って、90年代の邦楽に絞って選曲しました。
 最初は悩んだけど、1曲目の『愛する人よ』を決めたらスルスルと次の曲が決まっていき、気づけばかなりの曲数に。いやー、こんなの作るの久しぶりだったんでちょっと興奮しました。15曲になっちゃいましたけどこれでも相当妥協して、一応74分テープに入るだろうと言う自分なりの納得のさせ方。

 難しい事は抜きにして、夢に向かっていく感じのする選曲です。(超個人的な印象だけどね。)

8月 14, 2006 佐々木良, 音楽 | | コメント (4) | トラックバック

2006/07/17

ユニコーンについて その2 【佐々木】

Dsc06804 高校1年の時、ユニコーン好きな友達と集まって人生最初のバンドを組むわけですが、バンドを組んでコピーを始めた曲は、BOØWYやBUCK-TICK、ブルーハーツ、ジュンスカ。楽器を始めたばかりの俺たちにはユニコーンは難しすぎたんですね。前述の4組が簡単かっつーと簡単ではないんですが、とりあえず取っ付きやすくて、ヘタクソでも曲が元気なのでそれっぽく聴こえる。それ以前にこの方々のファンでもあるし、まぁ、バンドが出来れば何だって良かったんだな。(現在BUCK-TICKと同じメーカに所属してる事を当時の俺に教えてやりたい!)

 そんなユニコーンのアルバムの中で、割と元気なビートロック調の曲が多いのが87年発表の1stアルバム『BOOM』。アルバムタイトル、収録曲のタイトルも全部英語。シンセサウンドを多用し、歌い回しなんかにもBOØWYやレベッカ、バービーボーイズが人気を博したこの時代の空気を充分に含んでいて、現在の奥田民生さんと同一人物だとはとても思えない。わかりやすく言うと、一昔前のシャ乱Qの様なサウンド?歌い方の系統も近い。
 当然あと聴きだから発売から数年後に聴いたんだけど、結構違和感なく聴いてたな〜。TMネットワークも大好きだったし、シンセサイザーというヤツには凄く興味があった。このアルバムは後のユニコーンのイメージとはちょっとずれてるんだけど、このニューウェーブな感じは割と好きでした。

☆オススメの数曲↓

M3.Maybe Blue
 この曲をシングルだと思っている方が時々いますが、違います。アルバムの押し曲だった事は確かなようで、シングルでもないのにコレとか次曲の『Concrete Jungle』とかにはビデオクリップがある。時代的にシングル至上主義ではなかったんだよね。アルバムがちゃんと評価された時代。この後3rdアルバム発表直前の89年に出した『大迷惑』がやっと1stシングルになります。それまで出さなかった理由について本人達が「出すのを忘れてた」と言ったのは有名な話。
 高校時代のバンドも卒業と同時に自然消滅し、音楽の専門学校にいくわけですが、あ、コレは俺の話ね。ある日アンサンブルの授業でこの曲が取り上げられたんだよね。普段しなかった予習を充分にやって来た気分を味わえた思い出があります。

M7.Alone Together
16〜17歳だった佐々木少年がバラードなんぞ歌っちゃってたわけですよ(当時はボーカルギター)。気持ち悪いですね〜。今考えると。説得力がまるでない。でも実はこの曲コピーするとなかなか面白いんですよ。ドラムのパターンが結構マニアックで、今まで持ってた引き出しの組み合わせで出来なくて新鮮だった。歌い方もちょっとウィスパー系で、軽いセクシーさを俺なりに出そうとしてた。のかなぁ?サブ!
 ちなみに次の『Sadness』はいい曲。このアルバムの中でも割と正当派ないい曲。

M10.Pink Prisoner
 『Sadness』は今でも好きですが、当時の解釈での「いい曲」とは、すなわち「早い曲」ですから、そういった意味ではとても条件を満たしているのはコレ。ライブで観たら、腕を左右に大きく振りたい感じの気持ちいい曲です。
 しかしこの曲、4拍目のスネア(ドラムセットの「ドッタンドッタン」で言う「タン」にあたる太鼓)から始まるもんで、ギターとかが入って来た所でトリッキーに聴こえるんですね。違うパターンに聴かせておいて、実は何も変わってないと言うギミック。当時は解明出来ずに、強引に演奏してました。
 しかし民生さん声高いですね〜。


 とまぁ、今回は1stアルバム『BOOM』をご紹介しました。ユニコーンは好きだけどこのアルバムは苦手という方、コレからユニコーンを聴いてみようと思っている方(もう奥田民生は知ってるけどユニコーンは知らないと言う世代がいるのか?)、一見(一聴)ユニコーンのパブリックイメージとはかけ離れてるように感じるかもしれませんが、よく聴くとその後の伏線がちゃんと引かれていて面白いですよ。

7月 17, 2006 佐々木良, 音楽 | | コメント (6) | トラックバック

2006/07/01

気ままに、音について。(ほんと気ままに。) 【伊藤】

Dsc06388 音って普段何気なく聞いてるけど、よく考えると面白いね。
 最近自宅の防音室の事で、音についていろいろ考える機会があった。
 音ってただの空気の振動なんだけど、その振動の早さによって音の高低がうまれて、その震え方で温かい感じとか、冷たい感じとか、尖った感じとか、丸い感じとか。またその音が壁に反射して、実音よりも遅れて聞こえる事によって音が響いたり、ふくよかになったり、素っ気ない感じになったり、様々な要素が音に関わってくる。そしてその要素によって音に表情が出てくる。
 ライブで僕らは演奏するけど、聞いてくれるみんなに対して、僕らは音の振動をぶつけてる訳だ。みんなの鼓膜を振動させる事によって、僕らが発生させた様々な要素をみんなに感じてもらってるわけだ。そして僕らは家に帰ってまた新しく今までとは違った震え方の振動を考える。どんな振動が気持ちよいのか、しかもバンドという複数の人間で。
 波形単位で考えると、なんて妙な作業を僕らはしてるんだろうと思ってしまう。犬にはリズムという概念がないらしく、音楽を理解できないらしい。なので犬にしたらなおさらのことだろう。ビートルズのサージェント〜のアルバムには犬に対するメッセージ、というか信号音が録音されていると知っていたので実際に聞かしてみたが、うちの犬はなんの反応も示さなかった。
 空気の振動の波形を一種の「暗号」と考えると、人間はその変換機で、その変換機も人の数だけあるわけだから、それだけ違う感じ方がうまれてくる。答えも違うのだ。波形単位で考えるとそれも当然の事だと思う事も出来る。
 この間レコーディングで後藤のギターにノイズが乗ってたので、エンジニアの三浦さんが同じノイズを録音して逆相をかけて消そうとしていた。とても面白かった。こんな手品みたいな事が理屈で成り立ち、現実に起こせる事がとてもわくわくした。「いつかは俺も逆相の成分を歌う事の出来るボーカリストになるぞ!」と思った。
 と、いろいろ書いてきたが、白井の突っ込み無しには成立しない、気持ちの悪い文章を書いている事を僕は分っている。

7月 1, 2006 伊藤俊吾, 音楽 | | コメント (9) | トラックバック

2006/06/18

ユニコーンについて その1 【佐々木】

Dsc07226
 好きな邦楽アーティストを一組挙げてと言われたら、迷わず"ユニコーン"と答える。
 ユニコーンは、奥田民生(Vo,Gt)、阿部義晴(Key,Vo)、手島いさむ(Gt,Vo)、EBI(B,Vo)、川西幸一(Dr,Vo)という5人の個性派集団。87年バンドブームのただ中にデビュー。89年3rdアルバム『服部』でブレイクしてからは、キャッチーさとマニアックさの両立した人気バンドに。振り返ってみると、そんなに誰もが知ってるような国民的人気だったかな〜?とも思うけど、解散から10年以上が過ぎて、再結成希望No.1バンドとも言われてる事からも、みんな実は好きだったんだなと。でも一番好きというわけじゃなくて、みんなが三番目か四番目くらいに好きみたいなそんなバンドだったのかもしれない。
 能ある鷹が爪を隠すかのごとく、その音楽的な地力よりも、色モノ的な部分やアイディア先攻でギミックっぽい所が注目されやすい感じもあったけど、それすら計算だったんじゃないかと思う程確信犯的な余裕も感じる。それ故にその一挙手一投足は注目され、賛否両論あったはずです。でも俺は、彼らのやる事なす事オールOKという、いわゆる盲目的に好きなバンドでした。

 きっかけは中学の同級生の女子にCDを借りた事から。当時はチャラチャラしたコミックバンドだと思い込んでいたので、聴いてビックリ。一気に虜になってしまいました。1stから3rdアルバムまでを借りて、AXIAのスリムケースのカセットテープ(ハイポジ)にダビングし、こすって紙に張り付けるアルファベットシールで必死にインデックスを作ったもんです。

 早速話がそれますが、このカセットテープについて。カセットテープは俺が高校くらいまでNo.1ミュージックメディアの王座に君臨するわけですが、今で言う『CDをMDにダビングして、コンパクトに持ち歩く』とか、『買うお小遣いもないし、仕方ないからレンタルしてコピー』という感覚とはちょっと違って、『テープにダビング』イコール、『完全にそのCDを持っている』というような感覚。"頭出しも出来なければ、テープが伸びたり下手すると消えちゃったりする上、音質も劣るアナログメディア"という負い目などいっさい感じていません。テープを入れる所が二カ所並んでいる、『ダブルラジカセ』なんて言う製品がバカ売れした事実からも、テープtoテープなんて当たり前でした。中学の時なんかは、「いつかCDで欲しいなー」とかそんな発想すらなかった。

 で、文字通りすり切れるまでそのカセットを聴きまくり、高校に入ると同じくユニコーン好きの友達登場。その彼とユニコーンのコピーバンドを結成して、よりその魅力に取り憑かれていくわけです。

 写真は、未だに捨てられず、見もしないのに実家から持って来たユニコーンのスコア。ボロボロです。 
つづく

6月 18, 2006 佐々木良, 音楽 | | コメント (11) | トラックバック