« えだえだえだえだえだえだえだえだえだえだえだえだえだえだえだ  【張替】 | トップページ | NY日記 その2 【後藤】 »

2006/07/01

気ままに、音について。(ほんと気ままに。) 【伊藤】

Dsc06388 音って普段何気なく聞いてるけど、よく考えると面白いね。
 最近自宅の防音室の事で、音についていろいろ考える機会があった。
 音ってただの空気の振動なんだけど、その振動の早さによって音の高低がうまれて、その震え方で温かい感じとか、冷たい感じとか、尖った感じとか、丸い感じとか。またその音が壁に反射して、実音よりも遅れて聞こえる事によって音が響いたり、ふくよかになったり、素っ気ない感じになったり、様々な要素が音に関わってくる。そしてその要素によって音に表情が出てくる。
 ライブで僕らは演奏するけど、聞いてくれるみんなに対して、僕らは音の振動をぶつけてる訳だ。みんなの鼓膜を振動させる事によって、僕らが発生させた様々な要素をみんなに感じてもらってるわけだ。そして僕らは家に帰ってまた新しく今までとは違った震え方の振動を考える。どんな振動が気持ちよいのか、しかもバンドという複数の人間で。
 波形単位で考えると、なんて妙な作業を僕らはしてるんだろうと思ってしまう。犬にはリズムという概念がないらしく、音楽を理解できないらしい。なので犬にしたらなおさらのことだろう。ビートルズのサージェント〜のアルバムには犬に対するメッセージ、というか信号音が録音されていると知っていたので実際に聞かしてみたが、うちの犬はなんの反応も示さなかった。
 空気の振動の波形を一種の「暗号」と考えると、人間はその変換機で、その変換機も人の数だけあるわけだから、それだけ違う感じ方がうまれてくる。答えも違うのだ。波形単位で考えるとそれも当然の事だと思う事も出来る。
 この間レコーディングで後藤のギターにノイズが乗ってたので、エンジニアの三浦さんが同じノイズを録音して逆相をかけて消そうとしていた。とても面白かった。こんな手品みたいな事が理屈で成り立ち、現実に起こせる事がとてもわくわくした。「いつかは俺も逆相の成分を歌う事の出来るボーカリストになるぞ!」と思った。
 と、いろいろ書いてきたが、白井の突っ込み無しには成立しない、気持ちの悪い文章を書いている事を僕は分っている。

7月 1, 2006 伊藤俊吾, 音楽 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121158/10745584

この記事へのトラックバック一覧です: 気ままに、音について。(ほんと気ままに。) 【伊藤】:

» Free nextel ringtones. トラックバック Free nextel ringtones.
Free ringtones for nextel. Free nextel ringtones. Free music ringtones for nextel. 続きを読む

受信: 2007/04/03 13:31:21


コメント

イトシュンさん初めまして\(^o^)/
キンモクセイのファンです♪まさかこんなところでキンモクセイのメンバーのみなさんに出会えるとはおもってもみなかったです、嬉しいです!!
私も音楽やってます、トランペットとキーボード少々出来る位です。
それでは、あまり無駄話も出来ないので失礼します。
これからもキンモクセイのファンであり陰ながら応援しています!!

投稿: 深月 | 2006/11/05 14:25:31


「自宅防音室・・・」とさりげなく言うとはさすがトップミュージシャン!!!
その効果のほどはどんなんでしょう?
高価そうですね。新居にも持っていけばよろしいのに・・・もしくはご不要ならば<おたのしみ会会員>へのプレゼントに提供しちゃうとか・・・二畳分相当でしたっけ?

我が家も深夜のギター弾きの騒音対策として防音サッシをお取り寄せして取り付けていますが・・・果たして効果の程はいかかなものか?
少なくとも家の中においては他の部屋にも音はガンガンに響いています・・・
そうか、外部に接している窓に取り付けているのだから家の中においては他の部屋への防音効果は発揮されないのも無理はないのでしょうね。
ではご不要となった防音室、買い取りますっ!
で、いかほどで?!

投稿: 萌 | 2006/07/05 20:40:10


伊藤さん、お疲れ様!お久しぶりです(^0^)

『音』って、そう言われると不思議ですよね~。
以前どこかのライブで、リハの時の音とお客さんが入った時とでは「お客さんに反響して、音がまた違って聞こえる」と白井さんが言ってたのを思い出しました。

また、心地良い音の振動を~私達の鼓膜だけじゃなくて、ハートにまで響かせて下さいね!

投稿: まゆみ | 2006/07/04 0:26:25


久々のイトシュンだ~!嬉しいなぁ♪
さすが音楽家の、専門的なお話、なるほど~と感心しながら読ませてもらいました。
音を作るのって、とても緻密な作業の繰り返しなんですね。 おそらく、私が考えるよりもっときっと深い。。。

メンバーの枝更新、次は誰かなぁ?と楽しみが増えました(^-^)

投稿: Rei* | 2006/07/02 23:03:21


伊藤さん、更新ありがとうございます。音についてのお話、実に興味深かったです。私も音について改めて考えながらキンモクソングを聴いてみる事にします。今まで気付けなかった何かに気付ける事を願って…。

投稿: M.I. | 2006/07/02 13:02:37


久々の俊吾くんの更新ですね。

確かに音って不思議ですよね。
振動を感じて安心もします。
人それぞれ感じ方も違う、だから魅力もあるんですよね。

ちなみに、白井ちゃんの突っ込みがなくても十分成り立ってますから大丈夫ですよ!!

P.S 私も思いっきり楽器を弾きたいたので、防音室買い取りますよ~(笑)

投稿: ゆきえ | 2006/07/02 12:57:10


イトシュンさん、こんにちは~
”音”についてのお話、とても面白かったです。
なんかしみじみと考えさせられます。
私達、人は変換機、かぁ。
私には空気振動を変換できる耳を持っていて、そして音楽を心で感じる事が出来る。人に生まれてよかったなぁ、なんて思いました。

今回は、白井さんのつっこみ無しでも成立していますよ~お疲れ様でした♪

投稿: ミユッキュ | 2006/07/02 10:20:14


音…。わたしは雨が降り出したときに出る雨の音がすきです。

投稿: しゃ | 2006/07/01 21:50:40


あ、イトシュンだ!私はこう言うおハナシ好きです。好きと言うより得意分野です(笑えず)。
と言う訳で、書かれている事は全然気持ち悪くないです。音は、空気振動。まさに空中にモノが無いと伝わらない。ライブハウスのステージ正面の壁に寄りかかって生演奏を聴いてると、音が空気振動としてやって来て、壁まで到達して共振してるのが体感してよく解ります。
真空なので無音の宇宙空間ってちょっと想像し難いですよね。どんななのでしょう?
"逆位相をかけて消す"って言うのは、人間に聞こえない周波数体のハムノイズみたいのを抑えたいときにも使われる手段なんですよ~…ノイズを拾いたくない計測機器を使う時とかに、そう言う逆位相のフィルター付けたりします。
…と、気持ち悪いコメントを入れてみちゃいます(不笑)

(白井ちゃんに突っ込まれませんように††)

投稿: melody | 2006/07/01 17:18:24


コメントを書く