« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/24

ナンだチミは! 【佐々木】

DSC06063
Macの『アドレスブック』というソフトと『宛名職人』、携帯、名刺、メール貰ったけどまだ登録してない人、同じところに同じ人の情報が複数、などなど、気づいたら個人情報がめちゃくちゃに散乱してしまったので、ここらで一回まとめようと思って、ヒマな時間に一人一人丁寧に登録し直すことにした。

「お〜、コイツ元気かな?」とか「この人には今後俺から連絡することはないだろうし、むこうからもないだろうな。削除。」
とかやってたら、携帯のメモリに知らない女性の名前。
まったく覚えてない。
まず字面がしっくりこない。
名字だけ、名前だけ、フルネーム、呼び捨て、『さん』付け、名前から予想できるあだ名、色んなパターンで音読してみても、全く馴染みがない。
どー考えても今日初めて声に出した感じがする。
携帯番号は『080』だし、メモリ番号も大分後の方だから、割と最近登録された(したのか?)感じだ。

昔からシャイボーイな俺は、むやみに女性に携帯番号なんか聞かないし(男には割とむやみに聞く)、聞いたとして、記憶に無いなんてことはあり得ない。
しかもメルアドも登録されてる。
ってことはこの人の携帯にも当然俺の情報が入ってるよねぇ。
去年の7月くらいからのメールの履歴を見ても、受信も送信もしてない。
名前がちょっとアイドルっぽい感じもあるから(妄想スタート)、もしかしたらイベントとかで一度だけ会ったミュージシャンとか、ラジオのパーソナリティーの人とかの可能性もなきにしもあらず(まずありえ無いけど)なので、ググってみても(ちょっと期待そして緊張)全然出てこない(ほっとした)。
パソコンの中検索しても無い!
名刺の束からも出てこない!
ナンだチミは!え?
こんなことは人生初です。不覚です。

心当たりの方は是非連絡下さい。謝るんで。
メールの場合は件名に、電話の場合は口頭で、

「ナンだチミはってか?」

をお願いします。
条件はこちら↓

『080』から始まる、ezwebのあなた。 お、ちょっと詞みたいだなコレ。


"まだ見ぬあなた"
作詞:佐々木良


『080』から始まる、ezwebのあなた。

番号に『5』が2個入ってるあなた。

アドレスに数字が3ケタ入ってるあなた。

名字は、割とありきたりなあなた。

名前はキュートで、当て字のあなた。

俺のアドレスそして携帯番号を知ってるANATA...

2月 24, 2006 佐々木良 | | コメント (8) | トラックバック

2006/02/15

『フェスタ』はイタリア語 【佐々木】

 え〜と、一生懸命書いた長文より、昨日の三行の方がアクセス、コメント共に多い事に軽くショックを受けつつ、どこまで振り返ろうか。
 
 まずアレだな。『佐々木フェスタ』。最近あった大きな出来事と言えばやっぱりコレです。
 メンバーがそれぞれの誕生日に、その日のライブをプロデュースするファンクラブ限定ライブ。第三回目は、1月31日に町田プレイハウスで行われた、Bass白井プロデュースの『佐々木フェスタ』でした。もう見たまんま。聞いたまんま。俺祭りなライブなのでした。
 この誕生日企画が持ち上がった時から、白井は俺を全面に押し出したライブをやる事に決めていて、「とにかく俺(白井ね)の誕生日という事を感じさせない」というコンセプトで動き出したのでした。
 俺が今まで作った曲のDemoをCDRにまとめて白井に渡し、その中から白井が選び出したのが、当日演奏した曲達です。
 とは言っても、そのDemo曲達は殆ど1コーラスしか無かったり、歌詞が無かったり、アレンジなどはホントにメモ程度のもの。しかもセンターに立って自分の曲を自分で歌ってのライブなんか10年ぶりくらいの事(キンモクセイの前は俺が歌うバンドもやってました。でもそのバンドはもう一人歌う人がいて、2トップ的な形態。本当の一人ボーカルは高校時代までさかのぼる。)ましてやワンマンなんて初の試みです。不安以外の何ものでもない。でも「曲は良いから大丈夫。頑張れ。」というプロデューサーの言葉を信じ、何年も前に書いた青臭い歌詞の二番を強引に書く。三歳くらい若返ったつもりっていう微妙なつもりで書く。
DSC05869

 なんかノリでわざわざ地元相模原の練習スタジオでオールした。5時間で10曲のライブアレンジというのは中々しんどかったですが、大枠はDemoの雰囲気を活かしつつ白井が練って来てくれたので、そこはさすがプロデューサー。そして2日目にして最終のリハーサルは都内で。この最終リハで見事に他のメンバーの気持ちを不安にさせつつ、容赦なく本番当日。

 セッティングの時点でもう大きく雰囲気が違う。「俺ここかよ〜」っていう。センターね。確かにここで歌いたい願望がまったくないかっつったら嘘になりますよ。ただしそれは2時間のライブで1曲くらいの事。メインの人がいるからこその、「俺も〜!」なのです。ずっとは嫌です。横にいて「俺の事もたまには観ろよな〜」って思ってるくらいが丁度いい。
 当日のリハは時間があったので、全曲通してやってみた。完璧なカンペを作ったおかげでバッチリでした。さっきまでの愚痴はどこへやら、ちょっと気分も乗って来ちゃってます。
 そして本番。ファンクラブのみんなとは言え、『佐々木フェスタ』っていうタイトル以外何にも説明してなかったので、それだけが不安でした。まぁ俺が歌うって事くらいは想定の範囲内だったかもしれないけど、「センターで全曲歌われても!」って話ですよね。しかも8割未発表。イトシュン一番地味だったし。
 プロデューサーの雰囲気作りのおかげで、思ったよりは緊張せずに楽しめたけど、まぁあんま覚えてないです。目のやり場に困って、ずっと遠くを見てた事は覚えてる。地元の友達が来てて焦ったのと、そいつがキンモクセイのライブを初めて観るという娘をよりによってこの日に連れて来た事に焦った。

 


 結論は、『別に二度とやりたくないってことは無いよ』です。ってまんざらでもなかったんじゃん!DSC05879

 


 そしてこのライブの2日後、海沿いの街へ1週間の合宿に出ます。続きはまた今度。
 ちなみに今日からまた合宿です。3月5日に渋谷AXで一緒に演奏してくれる、DAISUKEこと元COOL DRIVEの大ちゃんも一緒に。今度は山奥です。

2月 15, 2006 佐々木良 | | コメント (14) | トラックバック

2006/02/13

よ〜し。 【佐々木】

今日は書くぞ。
色々予定が終わり次第。
夕方、いや、夜、いや、深夜、う〜ん、明日の朝までには書くぞ。

2月 13, 2006 佐々木良 | | コメント (10) | トラックバック