« ロンドン日記1 【張替】 | トップページ | ロンドン日記3 完結編 【張替】 »

2005/12/21

ロンドン日記2 【張替】

◆12月15日の日記

今日もロンドンは快晴、こんな青空ばかりも珍しいという。
さて今日はいわいる観光地とやらを見て回ろうと考えております。
まずはバッキンガム宮殿を、あそこにエリザベス女王がいると思うとテンションあがるあがる。
次はウエストミンスター寺院〜ビッグベンへ、ビッグベンをバックに写真を撮ってもらおうと、人を探すのである。そこへ一人のおじいちゃんが、早速、写真撮ってもらえませんか?と訪ねると
「こんなおじいちゃんだけどいい?ちゃんと写真がとれるかなー」と心配していて可愛かった。
そういわれるとレンズがかなり上の方を向いていた気がするなー、僕は写っているのであろうか?
まあでも写ってなくても構わない、自分でカメラを持って撮るより、人に撮ってもらった方が思い出になる。今回もおじいちゃんに撮ってもらったし、恥ずかしがってる姿も見れたし、
写真を見て話すときに一つ話題が増えて、後で楽しいね!

そして次はロンドン水族館へ、魚達も可愛かったが、それを見てる子供達が可愛いのなんのって。
出口へ行くと土産物屋さんが、なぜかユニオンジャックのブリーフが沢山並んでおり、是非メンバーに買って行こうと思ったが、ライブ後着替えてるときに見えたら、へこみそうなのでやめました、別の場所で探そう。

次は地下鉄で移動して、ロンドンの中心部ピカデリーサーカスへ。
さすがに人が多いし、日本人も多い、三越もあった。
人が多いので裏通りへ避難すると、ショップがたくさん。
そういえばロンドンに来てから買い物をしてなかったので、洋服屋を探していると、やはりあった
モッズショップの老舗だ。店内に入ると、早速WHOの特大ポスターが。
いろいろ悩んだがスコットランド製のキャスケットを購入、日本には無さそうだなこれは。
日本は何でもあるから、なかなかロンドンオンリーなものを探すのが難しい。
ちなみにキャスケットを試着しているときに店員がしきりに、「ジョンレノンハットだよ、それは」
としきりに言っていた。

そのまま歩いてつぎは、ロイヤルアルバートホールへ。051215_16300001
ここは2000年にWHOがライブを行っている場所でもあり、歴史ある建物だ。
キンモクセイのPAの川瀬さんもここでPAをしたことがあると言っており、最高でしたと言ってました。

そして夕食を食べホテルへ戻り一休み。
食後の運動として散歩でもしようと外へ出ると、人の行列が。
なんだと思ってみると近くに競技場があり、今日はサッカーの試合だったらしい。
本場の国は違うな、騒ぎ方が違う。みんなぞくぞくとパブへ流れていきました。
僕は流れを見てからスーパーへ買い物に。水とかヨーグルトとか買って部屋へ。
すっかり住んでる気分に、楽しい楽しい。
しかし一つだけ悲しい事が、買ったヨーグルトとがまずいことなんのって。
すっぱすぎて、何度もこらえながら食べました。
せっかく大きい水を買ったのに、半分に、悲しい、、、、
ではまた明日。

◆12月16日の日記

英国式朝食や地下鉄の乗り方や横断歩道の渡り方、街の人とのやりとり、慣れてきたが今日でゆっくりロンドンを堪能できるのは最後だ。

今日は行き残した所へ行きました、まずはロンドンブリッジへ。
景色が素晴らしい、後は歌いながら渡りましたね、ロンドン橋おちたおちた♪〜って
ちょっとあぶない人に見えたかな?

次はテイトモダンへここはずっと行きたかった美術館である。
ブラックフライヤーズという駅から歩いて行くのですが、モダンな感じで歩き方もキュッてなりますね。
道路には休憩スペースもありそこでカメラのフィルムを替えたり、建物見たり、さらに上がる上がる。051216_11550001
そしてテイトモダンの中へ、今は改装中ということもありあまり見れなかったが、このギャラリーショップが最高に楽しい、まず日本に無いし、若手アーティストのグッズがあったりと、カバンにカレンダーにスケッチブックを買っちゃいました。

かなりテンションあがったまま向かった先は、エンンジェルと言う街です。
地下鉄の関係でバービカンという駅から歩いて向かいました。
この街はなんか好きでした、住むならこの辺りがよいですね。
そんなことを思いながら歩いてると、良さげなカフェを発見、可愛いビンのドレッシングがあったので、買ってしまった。
ドレッシングを持ちながら歩いていると、マニアックなレコード屋を発見!
早速入ると大量のレコードの山、手当り次第に見て行くと欲しいものばかり。
あとはじっくり日本に無い物とイギリス盤を見ながらここでは3枚を入手!
1枚はプリファブスプラウトのファーストを、2枚目はバズコックスのシングル集を、3枚目はBBCのスピーカー試験用のレコードを、これはただおじさんが説明してるだけですが、DJとかで上手く使えそうかなと。

そして駅に帰る道で、ダンボールに安売りレコードが。これは絶対に掘り出し物があると勝手に確信して、ダンボールをあさるあさる。
やはりありましたよ、全部1ポンドという安さ。日本で買ったら4千円位するものばかり。
ここでは4枚を、まず1枚はベンワットのファースト、2枚目はニックヘイワードのファースト、3枚目もニックヘイワードのシングル、4枚目はマドンナのシングルのUK盤を。
いい買い物でした、もうテンション最高潮で帰りの地下鉄を思いっきり逆方向に乗ってしまいました。
051216_17380001
そしてホテルに戻ろうとして空を見上げると、なんと満月が!
ロンドンで満月なんてロマンチックだなー、最後に最高のプレゼントでした。

さぁ明日は帰国だ、帰りの支度をしなきゃ、ではまた明日

12月 21, 2005 張替智広 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121158/7741305

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン日記2 【張替】:

コメント

「ユニオンジャックのブリーフ」にウケました(笑)

川瀬さん、すごいですね!!

投稿: ひげっぱ | 2005/12/21 23:19:49


コメントを書く